(c) YUKI-LABO

produced by POPLAR Pte.Ltd.(2011-2019)

札幌市豊平区平岸1条2丁目4-7

info@yuki-labo.com(YUKI-LABO運営事務局)

  • Facebook Social Icon
Please reload

最新記事

YUKI-LABOご提供中のメニュー

January 10, 2018

1/1
Please reload

特集記事

行動しなければ、変われない。2018年の始まり。

December 31, 2017

あけましておめでとうございます。

 

占星術的には「正月」に意味はないけれど、

新年というと、なんとなく心機一転したくなるような気持ちになります。新しいことを始めてみたくなったり、これまでの習慣を改めてみたり。

 

その感覚がせっかく湧いたのなら、ぜひ生かしたら良いと私は思います。タイミングより、スピード感や勢いが大切な場合も、時としてあると思うのです。

 

 

 

「行動」は、しないよりはした方がずっと良いと、個人的に思います。

どれだけ優れたアイディアを持っている人がいたとしても、それを世の中に生かすために「行動」しなければ、残念ながらそのアイディアはその人のものだとは認識されません。

 

行動の結果あまり良い方向へ向かわなかったとしても、その失敗は結局「学び」になるのです。

 

 

「人間万事、塞翁が馬」

 

たとえ悪いことも、その失敗が将来大切な出来事に変わったり、

良いと思った出来事も、その栄光にしがみついたままいつか大きな失敗を招く可能性だってあるわけです。

 

どんなことでも、将来その意味はいくらでも変わります。

 

「今、これをしたい。」と思ったら、とりあえずは出来る範囲で行動を起こしてみることが、自分の直感を信じることにもつながります。

(もちろん、誰かに迷惑をかけるようなことがないように慎重に!)

 

その感覚を起こした「自分」が、潜在意識の中にきっといるのです。

その「自分」は、私たちに学びを与えようとしているのかもしれません。

ちょっとスピリチュアル的な発想ですけれど・・

 

 

 

それでもやはり、

 

「いつかやろう」「明日から本気だす」

 

では、残念ながら何も起こらないのは確かです。

「やってみようかな」という気持ちは、あなたの心の中にとどまっているしかないのです。

 

新年だからといって神社に参拝して願いをあげるだけでは、他力本願のままなのです。

 

 

自分が行動しなければ、

結局、変われないのです。

 

 

 

「行動」の仕方がわからないという方は、誰かにそのアイディアを誰かに話してみるとか、それもどうしても無理だったら手帳に書いてみるということからはじめてみても良いと思います。

 

「書く」「話す」ことで、動くきっかけやコツをつかめることがあります。

たとえば今回は無理でも、次に同じように何か思いついたことがあったら、その時に行動しやすくなります。

 

そうやって自分の中に、行動のためのエネルギーを貯めておくというのも、とりあえずは有りです。

 

 

でも、行動しようかどうかどうしてもぐるぐる悩んでしまったら、ぜひYUKI-LABOコンサルティングへお申込みください笑

 

西洋占星術的に、真面目にお答えしています!

 

YUKIKO

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア
Please reload

タグから検索
Please reload

アーカイブ